男性型脱毛症はなぜ起こるのか

男性型脱毛症とは、男性において加齢と共におこりやすい髪のトラブルを指して言います。

 

 

男性型脱毛症の原因は、年齢と共に起きるホルモンバランスの変化によるものだと考えられています。

 

 

髪の毛のライフサイクルは、おもに女性ホルモンによってコントロールされています。

 

男性の体のなかには、男性ホルモンと女性ホルモンが両方存在してバランスを保って体を維持しています。

 

 

ところが年齢が進むとともに、男性ホルモンの優位がドンドン強まっていきます。

 

そうなると、発毛サイクルをスタートさせる女性ホルモンが効果を発揮できず発毛が遅れていくのです。

 

 

発毛⇒維持⇒脱毛⇒休止期⇒発毛、というサイクルを繰り返す中で、休止期がどんどん長くなります。

 

すると、毛髪のない休止期の毛根の数がどんどん増えて薄毛や脱毛の原因になります。

 

 

ホルモンバランスの変化は、遺伝体質や個人の体質によってかなりばらつきがあるので若くても男性型脱毛症に悩む方は多いんですね。

男性型脱毛症向けの発毛促進成分を教えて

グローリンギガは、薬用成分の効果が期待できる発毛促進剤として人気の商品です。

 

 

男性型脱毛症は、年齢や遺伝要素によるホルモンバランスの変化によって起きる脱毛症です。

 

男性ホルモンの優位が強くなりすぎることにより、発毛を促す女性ホルモンの作用が起きづらくなり発毛が遅れることで薄毛や脱毛が発生します。

 

 

そこで、お勧めしたいのがグローリンギガに配合されているグリチルリチン酸ジカリウムという成分です。

 

 

もともとは、歯磨きやシャンプー、食品への甘味料として使われてきた安全な成分です。

 

近年の研究で、頭皮に塗布することで毛根に対して女性ホルモンに類似した作用を示すことがわかってきました。

 

 

休止期にある毛根にグリチルリチン酸ジカリウムが働いて発毛を促してくれるということです。

 

さらに、センブリエキスが毛根への血流を増やすことで栄養供給を高めて毛根を活性化してくれるんですよ。

 

 

薬用成分がしっかり効くから、発毛効果を期待できるグローリンギガ。

 

これなら、今ある髪だけでなく新しく生えてくる髪にも期待できそうです。