薬用グローリンギガは薬用だけど副作用はありますか?

グローリンギガは、薬用成分の効果がうれしいとクチコミでも人気のある発毛促進剤です。

 

薬用というのは、科学的に効果が認められる成分に「だけ」使われる名称です。

 

効果が高いため配合量にも規制がある成分なんですよ。

 

 

育毛剤として多く販売されている商品に入っているのはミノキシジルやフィナステリドなどですよね。

 

ミノキシジルには、動悸・息切れ・嘔吐などの副作用が、フィナステリドには勃起不全や精子減少が確認されています。

 

 

グローリンギガの薬用成分であるセンブリエキスは、漢方系成分で副作用はありません。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウムは、胃腸から吸収される場合は副作用が確認されていますが、頭皮への局所塗布では副作用はないようです。

 

 

きちんと使用回数を守って使うことで、高い効果を発揮する薬用成分。

 

グローリンギガの薬用成分は比較的安全な成分が使われていることがわかりました。

 

 

薬用成分と言ってもいろいろあるので、しっかり内容を確認して購入したいものですね。

薬用グローリンギガの薬用効果は使い方で変わる?

グローリンギガは薬用成分の効果で人気のある発毛促進剤です。

 

 

グローリンギガには2種類の薬用成分だけでなく、漢方系成分がしっかり配合されています。

 

毛根や頭皮の血流促進して、休止期の毛根の活動を促す成分が多数入っているんですよ。

 

 

だから、使い方としてはシャンプーの後お風呂上りなど血流が良くなっているときがベスト。

 

内服ではないので、塗布により7時間程度効果が持続するため1日2回以上の塗布が効果的です。

 

 

直接頭皮にボトルを付けて塗ることができる特殊なボトルを採用しているのでとてもつけやすいですよ。

 

トントンとつけても、どばっとあふれ出ることがないので気になるところにしっかりつけることができます。

 

 

付けたら頭皮を動かすようにしっかりマッサージしましょう。

 

マッサージにより血流がさらに促進され、薬用成分の効果もアップします。

 

 

グローリンギガは、頭皮につくとスッと馴染んで吸収が早くべたつきません。

 

しっかりつけてマッサージした後に、ムースやセット剤を使うのもOKなんですよ。